敏感肌や乾燥肌の人にはミルククレンジングがおすすめ

ミルククレンジングは、数あるクレンジング剤の中でも、特に低刺激のクレンジングを求めている人向きです。自分の肌のタイプに合わせてクレンジングも使い分けることが重要です。
しっかりと肌の奥のメイクまで落とすためには、オイルタイプやリキッドタイプのクレンジングを使う場合がほとんどです。
肌の乾燥がびどくなったり、お肌が赤くなってしまう場合は、クレンジング剤の刺激に肌が負けてしまっているのかもしれません。油分を分解する力が強すぎると、皮膚がもともともっているバリア機能も破壊してしまいます。
肌を傷めることなく、汚れたけを落としたい時は、低刺激のミルククレンジング剤がおすすめです。
洗顔後の肌がしっとりしているのは、肌にもともとある油分は保持されているためです。ミルククレンジングは洗浄力は高くありませんが、その分肌への刺激が少なく、肌に必要な皮脂を洗い流しすぎません。
クリームタイプも洗い上がりのしっとりさが人気ですが、ミルククレンジングに比べると肌触りがやや固めです。
洗顔にかかる時間が短く済むクレンジング剤を使ったほうが、ちょっとくらい刺激が強くても、皮膚にとっては優しいといいます。
洗浄力が強いクレンジングで目のまわりや口元のメイクは落とし、それ以外の部位には刺激が優しいミルククレンジングを使うのも賢い手法です。
一種類のクレンジング剤にこだわらず、メイクの濃さ薄さ、季節の推移、お肌の状態などに合わせてクレンジング剤を使い分けている人もいます。